よくある質問
インターネット
①インターネットの接続について
●セットトップボックスやテレビでインターネットを利用できますか?
 ご利用いただけます。
 セットトップボックスのマニュアルP.89に記載の「ブラウザ」の操作がうまくできないという問い合せも寄せられますので、「ほっちゃインターネット」を利用されるケースを例に、その手順・注意事項をPDF版にまとめました。ご活用ください。 
 テレビでご利用の場合は、同資料の「セットトップボックス」の部分を「テレビ」に読み替えてご接続いただくことで、一般的には対応できます。
●ネットの接続を回復する方法を教えてください
 ほっちゃインターネットとケーブルモデム、そしてパソコンとが正しく通信できているときは、モデム前面の4つのランプのうちPCが点滅している以外、すべて点灯の状態になっています。PCが消えていたら、通信できていません。
 以下の手順でご確認ください。
(1)ネットワークケーブルの接続や断線をご確認ください。
  ※大掃除や機器の移動の際に、プラグが外れることがあります。
---------------ここまでで回復することがあります-----------------
(2)パソコン~モデム間にルータ等の機器がある場合はその電源を切り、モデムも電源を切ります。
(3)モデムの電源を入れ、PC以外のランプが点灯したら(ルータ等の機器の電源を入れ)、パソコンとの接続をお試しいただきPCランプの点滅を確認します。
  ※停電や停波、端末の変更・増減の後にはこの作業が必要です。
  ※ルータ等があってPCが点灯しない場合はパソコンとモデムを直結してみます。
---------------ここまでで回復することがあります-----------------
(4)Windowsパソコンの場合「ネットワーク接続」を開き「プロパティ」をクリック、
(5)「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選び「プロパティ」をクリック、
(6)「次のIPアドレスを使う」を選んでいる場合は「IPアドレスを自動的に取得する」に変更し、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」を選び、
(7)「OK」を押して各メニューを閉じていきます。
---------------ここまでで回復することがあります-----------------
◆ここからは無線LAN機器関係でサポート対象外の部分です◆
(8)無線LANルータでMACアドレス指定で接続のフィルタリングをしている場合、新しい端末(パソコン、ゲーム機器など)を接続するにはMACアドレスを新しく登録する必要があります。設定画面からアクセスコントロールリストに追加表示がされるまで接続できないことがあります。
(9)SSIDが非公開になっている場合、端末によっては接続できないことがあります。SSIDブロードキャストなどで設定を無効にすると回復する場合があります。
(10)ご近所などの無線LAN機器と干渉して、接続が不安定になるケースがあります。IEEE802.11nでチャンネルボンディング機能が有効になっている場合、複数チャンネルで通信するので干渉問題を起こしやすいようです。この機能を無効にすることで通信が安定することがあります。
  ※(8)~(10)で回復しない場合、設定を復元できるように、あらかじめ記録をとっておきましょう。

 上記で接続が回復しない場合は、モデムまたはパソコン本体のいずれか(または両方)に問題がありそうです。
●パソコンがネットに接続しているかどうか確認する方法を教えてください
 Windowsの場合、次の方法で接続の確認ができます。
 スタートボタンで開くメニューから「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」とたどると、黒背景のウィンドウが開きます。Windowsのバージョンによってスタートボタンで開くメニューから「ファイル名を指定して実行」で「cmd」を入力し「OK」をクリックしても同様です。
 ここに、直接キーボードから「ipconfig」と入力し「Enter」キーを押します。すると、下の図のように「Connection-specific DNS Suffix」「IP Address」「Subnet Mask」「Default Gateway」の4つの値がそれぞれ表示されます。ネットと接続できている場合には、ここの4つに空欄ではなく、英数字で値が表示されます。
 もし何も表示されない状態であれば、ネットとは接続できていないことになります。
 このウィンドウは、ウィンドウ右肩の「×」ボタンをクリックするか、ウィンドウ内に「exit」とキーボードから直接入力し、「Enter」キーを押すことで閉じることができます。
●接続時間に制限はありますか?また接続速度はどれくらいですか?
ありません。24時間何時でもご利用可能です。また、ほっちゃテレビでは、定額制をとっておりますので、利用時間による料金の増減もございません。

なお接続速度は、下り(受信)8Mbpsのベストエフォートとなっております。(個人契約の場合)

※〔ベスト-エフォート(best effort)は最大限の努力の意〕
品質を保障しないデータ通信の方式、また、それを提供するサービスのことです。通信速度などについて可能な範囲で最大の品質を確保しますが、ネットワーク全体の利用状態によっては、その品質が低下する場合もあります。
●動的グローバルIPで接続中だと確認する方法は?
 動的グローバルIPサービスについて設定が完了しましたら、ケーブルモデムとパソコンを(ルータがある場合はルータも)再起動していただきますようお願いします。
【グローバルアドレスのご確認方法】 パソコンのコマンドプロンプト(「スタートボタン」→「ファイル名を指定して実行」→「名前」に「cmd」と入力し「OK」で表示される画面)にて「ipconfig」コマンドを実行していただき「223.223.~」のIPアドレスが割り付けられていることをご確認ください。(「10.21.~」のアドレスの場合はプライベートアドレスです。ルータを設置されている場合はルータのWAN側にグローバルアドレスが割り付きます。)
●IPアドレスの名前解決ができないサービスがあるのですが…
 インターネットサービスによっては、接続ユーザのIPアドレスを指定して通信を行なうことが条件であるものがあります。このためには、その利用者が「グローバルIP」という、インターネット上の固有の住所を持っている必要があります。(「ほっちゃインターネット」では月額1,000円のオプションで動的グローバルIPをご利用いただけます)
 この動的グローバルIPは、接続するごとにアドレスの値が変動します。
 これを相手のサイトに通知するツールを常駐させるなどして、相手のサイトに定期的にIPを通知するというのが手っ取り早い解決方法となります。(例えばフリーソフトの「DiCE Freeware Version」は、スケジュールやIPアドレスが変化したときに通知してくれるツールとして有名です)なお、これらの方法を適用されて生じた、各種事故についての責任は利用者個人となりますことを申し添えます。
 また、グローバルIPが設定されているかどうかは、別項「ネットに接続しているかどうか」の方法で「IP Address」の欄が「223.223.x.×」となっていることで確認できます。この「×」部分には0~255の整数が表示されます。
●ネットを利用したサービスの応答速度が急に遅くなるのはなぜですか?
 おもに下記の七つの原因から速度が低下することがあります。

(1)時間帯によりますが、利用される方が多くなると、速度が低下します。
  ⇒この場合は、利用者が減少するまで速度は改善いたしません。
(2)利用される方の数が同じでも、利用されるサービスがダウンロードを中心とする大容量データの通信の割合が高いと、速度が低下します。
  ⇒この場合は、利用形態の構成が変われば改善します。
(3)宅内で利用されている「ルータ」または「ハブ」のポートに物理的な障害がある場合に、速度が低下します。
  ⇒この場合は、ルータまたはハブの再起動、または正常な機器への交換により改善します。
(4)宅内で利用されているネットワーク環境がソフトウェア制御になっていて、そのソフトウェアがうまく動作していない場合に、速度が低下します。
  ⇒この場合は、その制御ソフトウェアを再起動、再セットアップまたは最新版へのアップデートをすると改善します。
(5)保安器からモデムまたは告知端末までの経路上の物理的障害により、到着するデータが極端に減少している場合に速度が低下します。
  ⇒この場合は、物理的障害が除去されるまでの間は速度は回復いたしません。
(6)保安器までの伝送路障害により、モデムまたは告知端末に到着するデータが極端に減少している場合に速度が低下します。
  ⇒この場合は、伝送路障害が改善されるまでの間は速度は回復いたしません。
(7)モデムまたは告知端末の劣化による障害が発生した場合に速度が低下します。
  ⇒この場合は、機器が交換または修理されるまでの間は速度は回復いたしません。

  ※(5)(6)に関しましては保安器の入出力レベルの調査が必要です。
  ※ (7)に関しましては機器の修理または交換が必要です。
    速度が極端に低下したまま、復旧しない場合はご連絡ください。
●オフライン状態から復旧しないのですが…
 何かの原因でインターネットに接続できなかった場合、インターネットエクスプローラが「オフライン作業」のページを表示したままになることがあります。
 このとき、下図のように(1)のメニューの「ツール」をクリックすると(2)のように「オフライン作業」にチェックが入っています。そこで、この「オフライン作業」をクリックして、再度「ツール」を開くと(3)のようにチェックが「×」に変わります。
 この状態が確認できたら、インターネットエクスプローラをいったん終了し、モデムやルータが正常であることを確認のうえ、再度インターネットエクスプローラを起動します。ほとんどの場合、これでオフライン状態は解消するようです。
●契約約款の「利用停止」とはどんなことですか?
契約約款の第19条に記載の「停止」とは、ケーブルインターネットをご利用できなくする措置のことです。料金未納を含む、各種契約違反が判明した場合、センター装置により、ケーブルモデム(または告知端末のモデム機能)の通信を停止いたします。一般的に最も可能性があるのは料金未納で、1か月分の納付漏れで停止させていただくことになりますので、口座振替不能等ございませんよう、ご注意下さい。
なお、その他のケースについても、よくご確認いただいたうえで、適正にご利用いただければ、この措置を適用することはございません、
●インターネットをやっている時もケーブルテレビ(放送)は見られるのでしょうか?
ケーブルテレビ(放送)およびインターネット接続サービスにご加入の方は、それぞれを同時にご利用いただけます。つまり、インターネット接続サービスを利用しながら、ケーブルテレビをご覧頂く事ができます。また、インターネットもCATV回線を使いますので、電話回線を占有することもありません。
●Windows98/ME/Vistaでのネットワーク設定方法を教えてください。
下記手順書を参考にしてください。
●Windows 98/ME/XPでのIEの設定方法を教えてください。
下記手順書を参考にしてください。
●Mac OS 8~9/Xでのネットワーク設定方法を教えてください。
下記手順書を参考にしてください。
●Mac OS 8~9/Xでのブラウザの設定方法を教えてください。
下記手順書を参考にしてください。
●Windows 7/Vistaでのネットワークの設定方法を教えてください
グローバルIPの利用がない方で、モデムとパソコンの接続が正しく行なわれている場合、Windows 7では以下の手順によりネットワークの設定ができます。(Windows Vistaもほぼ同様の手順です)
1.「スタート」ボタンをクリックし、その中の「コントロールパネル」をクリックします。
2.開いた画面から「ネットワークとインターネット」の中の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。(アイコン表示の場合は「ネットワークと共有センター」アイコンをクリックします)
3.左側のメニューの「アダプターの設定の変更」をクリックします。
4.「ローカルエリア接続」アイコンを右クリックし、表示されたメニューの「プロパティ」をクリックします。
5.「ローカルエリア接続の状態」画面が表示されたら「プロパティ」をクリックします。
6.「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」がチェックされていることを確認・選択し「プロパティ」をクリックします。
7.「IPアドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れ「OK」をクリックします。
8.「OK」をクリックします。
●Windows7でのネットワーク設定の方法がよくわからないのですが
 Windows7のバージョンによって、多少表示や名称が異なる部分はありますが、一般的には次の資料に示す手順で接続できますのでご利用ください。