よくある質問
テレビ
①視聴について
●ケーブルテレビに加入したら、今までのような電波障害はなくなるのでしょうか?
 従来の受信状況と比較するとかなりの改善は見込まれます。
しかし、以下のような原因により障害が発生することもあります。これらの障害を根本的に解消できる技術はまだ開発されておりませんのでご了解下さい。
・衛星放送に見られる電波障害
 電波を発信している地域(東京・大阪)、または、ほっちゃテレビ受信点(東深川上郷)の上空が雨雲に覆われたり、大雨が降っている場合、一時的に画像が乱れたり、映らなくなったりします。
・地上波に見られる電波障害
 毎年、自然現象により3月から10月頃まで日本海周辺の上空に電波をよく反射させる電離層が突発的に発生し、別エリアの中継設備等との混信現象がおきることがあります。このためテレビ画面に横方向にブロックノイズと呼ばれる縞模様が現れたり、画像が停止または全体に黒い画面となったりすることがあります。
●ケーブルテレビとパラボラアンテナを併用できますか?
 地理的な障害のために、アンテナでの受信ができない地域を除けば、多くの場合は可能です。
 BSデジタル・CSデジタルと地上デジタルに対応済みのテレビ受像機等をお持ちの方で、既設のパラボラアンテナがある場合や、これからパラボラアンテナの設置をお考えの方は、下記資料をご参照ください。
 利用条件によっては、セットトップボックス(STB:レンタルのみ:月額1台500円)を導入するよりも経済的な場合もありますので、その方法についての簡易な資料(PDF版)を公開いたします。なお、このなかで紹介しております金額は低価格機器のみの参考価格であり、接続ケーブルや視聴料金を含まないものです。導入される製品仕様やその構成、視聴チャンネルの契約内容によっても費用に変動があることがございます。
●デジタルTVにしたら映らなくなりましたが?
 アナログ放送ですと、「ちらつき」とか「雪が降っているような」状態を経て、だんだん映らなくなっていくので、受信レベルの低下に気づきやすかったのですが、デジタル放送は鮮明な画像やデータ配信など、アナログ放送と比較して便利な反面、受信状態があるレベルよりも低下すると突然映らなくなるという性質があります。
 一般的な地上デジタルで使用されるUHF帯の受信レベルとして46~89(dBμV)の範囲にあって、かつ60前後が推奨される値とされています。(この数値はチャンネル設定時にテレビ画面に表示される値とは異なる場合があります)アナログの場合、この下限値より低くても画像や音声を再生できる場合がありましたが、デジタルの場合には範囲外での再生はできません。最悪の場合、チャンネル設定そのものができません。
●TVQ九州放送の地上デジタル放送は見られますか?
 長門市ケーブルテレビではTVQの地上デジタル放送の再放送について下記のとおり同意が得られました。
送信開始:平成23年7月24日(日)正午から
 このTVQの視聴にあたりましては、上記送信開始後に地上デジタル対応機器でのチャンネルの再設定が必要です。設定方法については、機器の説明書をご覧ください。通常設定ではTVQのチャンネル番号は「7」になります。
☆参考までにチャンネルの再設定のほんの一例を掲載します☆
(機種・製造時期等により表示・手順が異なる場合があります)
・ソニー  → リモコンの「地上デジタル」ボタン、「ホーム」ボタンの順に押す。「設定」→「放送受信設定」→「自動チャンネル設定」→「再スキャン」
・シャープ  → リモコンの「地上D(地上デジタル)」ボタン、「メニュー」ボタンの順に押す。「本体設定」 → 「チャンネル設定」 → 「地上デジタル-追加」 → 「する」→ 「UHF」 → 「終了」
・東芝  → リモコンの「設定メニュー」ボタンを押す。「初期設定」→「チャンネル設定」→「地上デジタル自動設定」→「再スキャン」→「現在の設定に追加する」
・ビクター  → リモコンの「メニュー」ボタンを押す。「設定メニュー」→「初期設定」→「地上デジタル」→「チャンネルスキャン」→「完了」→「オンエア」
・三菱  → リモコンの「デジタル」ボタンを押す。「初期設定」→「チャンネル自動設定」→「再スキャン」→ 手順に従って確認(「手順2へ」→「手順3へ」→「手順4へ」) →「完了」
・パナソニック  → リモコンの「メニュー」ボタンを押す。「設定する」→「初期設定」→「設置設定」(ここで「決定」ボタンを3秒以上)→「チャンネル設定」→「地上デジタル放送」→「再スキャン」→確認後、「終了」
・日立  → リモコンの「メニュー」ボタンを押す。「各種設定」→「初期」→「受信設定-地上デジタル」→「CH(チャンネル)合わせ(地域名)」→「再スキャン」→「開始する」
・DXブロードテック  → リモコンの「本体設定」ボタンを押す。「初期設定」→「チャンネル設定」→「地上デジタル」→「チャンネルスキャン」
・オリオン  → リモコンの「メニュー」ボタンを押す。「チャンネル設定」→「地上デジタルスキャン」→「地方設定」→ 住所の地方を選択 →「地域設定」→ 住所の地域を選択→「スキャン開始」
・LG電子  → リモコンの「メニュー」ボタンを押す。「詳細設定」→「初期設定」→「チャンネル設定」→「地上D再スキャン」
・ピクセラ  → リモコンの「デジタル」ボタン、「メニュー」ボタンの順に押す。「デジタル設定」→「チャンネル設定」→「チャンネルスキャン」→「再スキャン」
●契約約款の「義務違反による停止」とはどんなことですか?
 契約約款の第19条に記載の「停止」とは、ケーブルテレビのご視聴をできなくする措置のことです。料金未納を含む、各種契約違反が判明した場合、センター装置による有料チャンネルの配信停止、引込み線工事により放送電波を遮断するなど配信を停止いたします。
一般的に最も可能性があるのは料金未納で、3か月分の納付漏れで停止させていただくことになりますので、口座振替不能等ございませんよう、ご注意下さい。
なお、その他のケースについても、契約内容をよくご確認いただいたうえで、適正にご利用いただければ、この措置が適用されることはございません、この措置からの復旧に関しましては、再開工事が必要となりますので、一般とは異なり「10,000円」の再開手数料が、利用料金等未納額のほかに必要となりますので、よろしくお願いします。
●地上デジタル放送はどうすれば見られるのですか?
 パススルーという方式で送信するため地デジ対応テレビかチューナーが必要です。地デジの電波が受けられるときに、テレビまたはチューナーの初期設定において「初期スキャン」という操作をしていただく必要があります。くわしくは操作説明書をご覧になるか、お買い求めの電気店にご相談ください。
●地上デジタル放送の接続はどうするのですか?
 地デジ対応テレビまたはチューナーに保安器からの同軸ケーブルを接続してください(アナログと同じ線です)。
●地上デジタル放送のチャンネル構成はどうなりますか?
 地デジは県単位でチャンネルが割り当てられており、山口県は、1chがNHK総合、2chがNHK教育、3chがTYS、4chがKRY、5chがYABとなっています。「初期スキャン」を実行していただくことにより自動的に割り当てられます。
 これに続けて「再スキャン」「手動スキャン」等の方法で、追加チャンネル設定を実行すると、7chにTVQ、8chにTNC、12chに「ほっちゃテレビ」がそれぞれ割り当てられます。
 他の市町村から持ち込んだ1~5chが設定済みの地デジ対応のテレビ・ビデオ機器を使用する場合も、リモコン番号とチャンネル番号の構成が変わるので「初期スキャン」から再実行する必要があります。
●地上デジタル放送はアナログのテレビでは見られないのですか?
 地上デジタル放送は、アナログのみに対応したテレビ単体ではご覧いただけません。地デジチューナーを買い足していただくことで見ることができます。地デジチューナーは現在のところ地デジ専用が約4千円から、地デジ・BS・CS対応のものが約1万円からという価格帯で販売されているようです。詳しくは電気店にお問い合わせください。
 このほか、地上デジタル対応の録画機器、ほっちゃテレビでレンタル月額510円のSTB(セットトップボックス)などに接続しても、ご覧いただけるようになります。
●ケーブルテレビでFMラジオを聴くにはどうしたらいいですか?
長門市ケーブルテレビの信号には以下のラジオ電波が流れています。
83.5 MHz NHK山口FM
84.5 MHz NHK第1放送(AM波を受信してFM波再送信)
86.4 MHz エフエムKRY
87.8 MHz FMアクア
81.0 MHz エフエム山口

ケーブルテレビでFMラジオを聴く場合は、下記リンクをご参考にしてください。